美容と健康の大敵、内臓の冷えの原因と改善法 | AppleGYM(アップルジム)
恵比寿店「恵比寿駅東口」スカイウォークより徒歩2分
中目黒店「中目黒駅西口」より徒歩3分
銀座店「銀座駅A5出口」より徒歩2分
中野店「中野駅北口」より徒歩1分
二子玉川店「二子玉川駅西口」より徒歩3分
二子玉川レディース店「二子玉川駅西口」より徒歩3分
吉祥寺店「吉祥寺駅北口」より徒歩5分
横浜店「横浜駅西口」より徒歩5分
福岡天神店「天神駅」より徒歩2分
恵比寿店「恵比寿駅東口」スカイウォークより徒歩2分
中目黒店「中目黒駅西口」より徒歩3分
銀座店「銀座駅A5出口」より徒歩2分
中野店「中野駅北口」より徒歩1分
二子玉川店「二子玉川駅西口」より徒歩3分
吉祥寺店「吉祥寺駅北口」より徒歩5分
横浜店「横浜駅西口」より徒歩5分
福岡天神店「天神駅」より徒歩2分

夏の終わり特別企画!9月30日までの
カウンセリング予約で2万円キャッシュバック!

美容と健康の大敵、内臓の冷えの原因と改善法

ふとお腹に触れた瞬間、『あれ?お腹が冷たい…』と思ったことはありませんか?

お腹がなんとなく冷えている気がする。そう思う人は『内蔵型冷え性』かもしれません。

手足が冷える末端の冷え性と違い、体の内側から冷えてしまう内臓の冷え。その原因と対策、内臓の冷えが体に及ぼす悪影響についてまとめます。

内臓が冷えているのはどんな人か?

内臓の温度は37.2℃~38℃が望ましいそうで、これを下回り内蔵が冷えてくると、体のあちこちに不調が現れてきます。

と言われても、内臓の温度を直接測ることはできないので、体の表面や生活に表れる状態で判断することになります。

以下のうち、思い当たる項目が多い人は内蔵型冷え性の疑いあり!

・低体温(平熱が35℃台)

・手足がむくみやすい

・下腹部とワキを触り比べると下腹部の方が冷たい

・寝つき・寝起きが悪い

・肌トラブル(肌荒れ・シミ・くすみ・そばかすなど)が多い

・お腹を壊しやすい

女性は子宮や卵巣があることで下腹部がうっ血しやすいために、男性よりも内蔵が冷えやすいと言われています。

運動不足・加齢などによる筋肉量の不足

手足の冷えにしろ、内臓の冷えにしろ、冷えの原因には血流の悪さが挙げられます。

筋肉量が少なければ、血液を送るポンプの力も弱くなってしまうため、血液の流れは滞ってしまい、内臓も冷え込んでしまうことに。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないことから、内蔵型冷え性のリスクも高くなります。

ダイエットなどによるカロリー不足
もともと少食である人もそうですが、多くは体重を気にしての食事制限ダイエットにより、カロリーが不足していることも冷えの原因になります。

カロリーオーバーは確かに肥満の原因となりますが、運動量を増やさずに低カロリーの食事ばかりにしたり、食事の量を控えたりしすぎると、代謝を上げたり、体を温めたりするための栄養まで足りなくなってしまいます。

食事制限ダイエットは結局太りやすい体をつくってしまうと言われているように、栄養が不足することにより代謝が悪くなったり、脂肪が燃えにくくなったりすれば、体は冷え、痩せにくい体になってしまいます。

体を冷やす飲み物・食べ物の摂取

内臓型冷え性はもともとの体質や、先に挙げた筋肉や血液、熱量などの原因だけでなく、直接的にお腹を冷やすことによる冷えも多いようです。

冷たいジュースやお茶、アイスを食べ過ぎたりするなど、冷たいものの摂りすぎによる内臓の冷えが原因となる場合があります。

内臓型冷え性を改善するには

すでに内蔵型冷え性になっている人の中には、冷たい飲み物を飲んだり、アイスを食べたりするだけでお腹を壊してしまうという人もいるはず。

飲み物はなるべく常温か温かいものを。どうしても冷たい飲み物が飲みたいときは、暑い屋外に長くいたり、スポーツをしたり、お風呂に入ったりして体が温まっているときにしましょう。

体を温める効果のある生姜や唐辛子、大根やにんじんなどの根菜類や、熱源となるたんぱく質などを積極的に摂るようにするのも効果的です。

また、内臓に負担をかけないように食べることも大切です。

よく噛んでゆっくり時間をかけて食べる

・深夜の食事は控える

・満腹になるまで食べない(腹八分目)

・胃腸を酷使している人は改善を!

冷え改善には生活習慣の見直しが大切

カイロを貼ったり、腹巻を巻いたりと温めるだけの冷え改善方法は、一時しのぎでしかありません。

それよりも、食事・睡眠・運動など、日常の生活スタイルを見直すことが、冷え改善には重要です。

血流が悪くなることで体は冷えます。体が冷えることで全身の血管が縮み、血流が悪くなります。

運動不足やストレスで血流を悪くしてもいけないし、栄養不足や冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎで体を冷やしてもいけないのです。

・血流が悪くなる → 体が冷え

・体が冷える   → 血流が悪くなる

どちらが発端でも、一度冷えのサイクルが動きだすと、冷えては血流が悪くなり、血流が悪くなれば冷えがひどくなるという悪循環に陥ってしまいます!ひどくならないうちに予防・改善を。

血流をよくし、体を冷やさない。そのための生活スタイルを自分なりに見つけてみてくださいね。

恵比寿、中目黒、中野、二子玉川、横浜の
パーソナルトレーニングジムならAppleGYMへ!

会社名 株式会社Apple beauty
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-11-12
The HONDA ARMS101
電話番号 03-6451-2024
HP https://applegym.jp