• Apple GYM は
    日本一芸能人の来店するハイクオリティを目指したジムです。

恵比寿東口店「恵比寿駅東口」スカイウォークより徒歩2分
恵比寿西口プレミアム店「恵比寿駅西口」より徒歩2分
中目黒店「中目黒駅西口」より徒歩3分
銀座店「銀座駅A5出口」より徒歩2分
中野店「中野駅北口」より徒歩1分
二子玉川店「二子玉川駅西口」より徒歩3分
吉祥寺店「吉祥寺駅北口」より徒歩5分
横浜店「横浜駅西口」より徒歩5分
福岡天神店「天神駅」より徒歩2分
恵比寿東口店「恵比寿駅東口」スカイウォークより徒歩2分
恵比寿西口プレミアム店「恵比寿駅西口」より徒歩2分
中目黒店「中目黒駅西口」より徒歩3分
銀座店「新富町駅」より徒歩3分
中野店「中野駅北口」より徒歩1分
二子玉川店「二子玉川駅西口」より徒歩3分
吉祥寺店「吉祥寺駅北口」より徒歩5分
横浜店「横浜駅西口」より徒歩5分
福岡天神店「天神駅」より徒歩2分

正しいカフェインの摂取量とリスクについて

疲れてきたな…と感じたら、まずは薫り高いコーヒーを淹れてカフェブレイク。そんな人はこの現代日本には数え切れないほどいらっしゃるでしょう。

しかし、それを繰り返して一日に5杯、6杯とコーヒーを飲んでしまっているとしたら、それは明らかにカフェインの過剰摂取となることをご存知でしょうか。

コーヒーの飲み過ぎでなんとなく胸焼けや胃もたれなどの不快症状を感じたことがあるならなんとなく想像が出来るかもしれませんが、コーヒーに含まれるカフェインは摂りすぎることで命を脅かすリスクまで背負うほどの刺激物なのです。

カフェインの摂りすぎは要注意!

2015年、20代の日本人男性がエナジードリンクと眠気防止剤を一緒に服用したことで急性カフェイン中毒になり死亡するという事故が起こり、カフェインの中毒性が一気に注目を浴びることになりました。

カフェインは私達の日常のごく身近なところにある成分ですが、摂取の仕方を誤れば一転して命を危険に晒しかねないリスクのある成分でもあるのです。

日本人はややカフェインを摂りすぎている

私達の日常にはカフェインが溢れています。

非常に手軽に淹れられるインスタントコーヒーから始まり、通常飲料などで摂れるカフェインの数倍の量を摂取できるカフェイン剤、甘く飲みやすく加工されているエナジードリンクなど誰でも簡単に手に入れられるものばかり。

忙しい毎日の中でほっと一息つきたい、と考える人々はたくさんいます。

そしてそんな時、脳をなだめて疲れを軽減させてくれるカフェインが身近にたくさんあることで、今や社会に出ている日本人のおよそ半数以上が、『カフェインを摂りすぎる環境にある』と言っても過言ではありません。

恐ろしいカフェインの依存性

急性カフェイン中毒だけが怖いのではなく、カフェインには『依存性がある』ということも怖いということを忘れてはいけません。

カフェインは脳の中枢神経系に作用するため、耐性(効きにくくなる)が出来やすく、毎日一定量を飲んでいるだけでは満足ができないという状態に陥りやすくなるものです。

毎朝2杯飲み続けていれば、数年後には3杯、4杯と徐々にその量は増えていきます。

日中、夜間を問わずカフェインが欲しくなったり、コーヒーなど飲料のカフェインでは効果が感じられずより強力なカフェイン剤を複数飲むようになることもあります。

カフェインの作用が切れると、悪心や震え、頭痛、注意力散漫、イライラなどが現れる人も少なくはありません。

こうした一連の症状は、アルコールや薬物の依存症とかなり酷似しているのがおわかりいただけるでしょうか。

お酒を飲まなくても、タバコを吸わなくても、カフェインは依存というリスクを起こすごく身近な成分なのです。

正しいカフェインの摂取量とは?

実はカフェインの摂取量は、明確な判定基準がありません。

しかし、アメリカの保健福祉省及び農務省のレポートによれば1日あたり400mgまでが適正量であるという研究結果が出されています。

欧州食品安全機関(EFSA)は体重1kgあたり3mgのカフェインであれば急性中毒の危険はほとんどないと定義づけました。

40kgの人なら120mgのカフェイン、60kgの人なら180mgのカフェインということです。自分の体重に3mgをかけて計算してみてください。

コーヒーだけではないカフェインを含む飲料

インスタントコーヒー…60mg/100mlあたり
ココア…10g/100ml
緑茶…20mg/100ml
紅茶…30mg/100ml
コーラ…10〜20mg/100ml
ハイカカオチョコレート…70mg~120mg/100gあたり
エナジードリンク…25〜145mg/1缶

カフェイン剤などは体重と照らし合わせた適正量から見ると、遥かにその許容量を超えているのがおわかりいただけると思います。

コーヒーやエナジードリンクと一緒に飲んだとしたら…そのリスク、怖さは想像するに難くありませんよね。

ノンカフェインを積極的に取り入れてみる

カフェインの摂取目安は少なすぎて物足りない…と感じる人は、まずは近年かなり日本に浸透し始めた「デカフェ」、いわゆるノンカフェイン飲料にトライしてみてください。

ノンカフェインコーヒーはまずい…という先入観をお持ちの方、是非『現代のノンカフェイン』試してみてください。

驚くほど美味しく、かつコーヒーのように飲みすぎると気持ち悪く…ということもありません。

また、最近の健康志向に伴い、あらゆるカフェインメーカーから『ノンカフェイン』のタイプが販売されています。

カフェインは健康を促進する効果も

カフェインのリスクばかりをピックアップしてしまいましたが、カフェインは目安を守って適切に摂取すれば、一時的な効果以外にも非常に良い健康効果が期待できる成分でもあります。

・肥満防止・ダイエット効果
・心疾患や脳梗塞の予防
・大腸や肝臓がんの予防
・2型糖尿病の予防・改善
・リラックス効果、リフレッシュ効果によるストレス軽減

このように、現代日本で増えている疾患の多くを予防、改善できる期待もされるカフェイン。

過ぎれば毒ですが、過ぎなければ良い効果を持つという代表のような成分であるというわけですね。

恵比寿、中目黒、中野、二子玉川、横浜の
パーソナルトレーニングジムならAppleGYMへ!

会社名株式会社Apple beauty
住所東京都渋谷区恵比寿南1-11-12
The HONDA ARMS101
電話番号03-6451-2024
HPhttps://applegym.jp