• Apple GYM は
    日本一芸能人の来店するハイクオリティを目指したジムです。

恵比寿東口店「恵比寿駅東口」スカイウォークより徒歩2分
恵比寿西口プレミアム店「恵比寿駅西口」より徒歩2分
中目黒店「中目黒駅西口」より徒歩3分
銀座店「新富町駅」より徒歩3分
中野店「中野駅北口」より徒歩1分
二子玉川店「二子玉川駅西口」より徒歩3分
吉祥寺店「吉祥寺駅北口」より徒歩5分
横浜店「横浜駅西口」より徒歩5分
福岡天神店「天神駅」より徒歩2分
恵比寿東口店「恵比寿駅東口」スカイウォークより徒歩2分
恵比寿西口プレミアム店「恵比寿駅西口」より徒歩2分
中目黒店「中目黒駅西口」より徒歩3分
銀座店「新富町駅」より徒歩3分
中野店「中野駅北口」より徒歩1分
二子玉川店「二子玉川駅西口」より徒歩3分
吉祥寺店「吉祥寺駅北口」より徒歩5分
横浜店「横浜駅西口」より徒歩5分
福岡天神店「天神駅」より徒歩2分

あなたは大丈夫!?食後の眠気に要注意!!

ご飯をお腹いっぱい食べた後、急にひどい眠気に襲われることってありませんか?

軽い眠気はよくあることですが、だるくて眠くてしようがないレベルの眠気だと要注意です。

空腹時にいきなり糖質や炭水化物を摂取すると血糖値が急激に上がり、太りやすくなってしまうという話を聞いたことがあるでしょうか。

食後に強い眠気を感じる人は、そういった血糖値を急上昇させる食事の仕方をしている可能性があります。

食事は私たちの美容や健康に大きな関わりを持っています。

食事内容だけではなく、食事の仕方もです。

食事の仕方で太ったり痩せたりもするし、美容だけでなく健康に影響を及ぼすこともあるのです。

どうして眠くなるのか?

人は覚醒して興奮状態にあるときには交感神経が優位に働き、ゆっくりとリラックスしているときは副交感神経が優位に働いている、と考えられています。

つまり眠気に襲われているときは副交感神経が優位に働いています。

仕事に集中しようと思っているときに、なぜその意思に反して副交感神経が活性化するのでしょうか。

不思議に思うかもしれませんが、食後の身体の反応としてはごく自然なことなのです。

食事を摂ると食べたものを消化・吸収しようと胃腸の動きが活発になります。

そして胃腸を働かせるために血液が優先的に運ばれ、脳や末梢への血流が減らされてしまいます。

これだけでも眠気の原因となり得ますが、食事の内容が糖質を多く含むようなものであれば眠気がさらに強くなります。

お米やパン、麺類など、吸収の良い糖質を多く含む食事をすると、食後の血糖値は急激に上昇してしまうかもしれません。

そうすると、血糖値を下げようと体内ではインスリンが大量に分泌されます。

そして今度はインスリンによって血糖値が急降下します。この血糖値の急降下が低血糖のような状態を作り出し、強烈な眠気につながるのです。

食後の眠気には危険なものも

食事をすると人はリラックスモードになるため、食後に眠くなるのは、人の体のしくみとして普通にあることです。

でも、眠気を引き起こす原因によっては、美容にも健康にもよくない結果を招くものも。

眠気がひどい場合、横になりたいくらいのだるさを伴う場合などは要注意です。

美容・健康のために一工夫!食後に眠くならない食事のとり方

・空腹時、最初に口にするものに気をつける

食事の際、いきなりご飯・パン・麺類などの炭水化物から食べ始めるのもいけません。血糖値が急上昇してしまいます。

食事の際は、野菜やきのこ類、スープなどから食べ始め、タンパク質などのおかずを経て、お腹がある程度満たされてからご飯などの炭水化物を食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

また、朝食を抜いてしまったり、残業で晩御飯が遅くなったり、ものすごくお腹が空いた状態になってしまうと、食事の際に、すごい勢いで食べたり、食べすぎてしまったり、血糖値が急上昇しやすくなってしまいます。

忙しくても、三食規則正しく食事をとることが大切です。

炭水化物の食べすぎ、早食いは厳禁!

そもそも日本人は小学生のころ、短い給食の時間に急いで食事をする癖がついてしまった人も多いのではないでしょうか。

騒がず、よそ見せず、静かに食事をするのを良しとしているところもあり、間で箸を置くことなく、サッサと食事を終えることが当たり前の光景にもなっています。

でも、美容・健康のことを考えるなら、ゆっくりと時間をかけて食事をすべきです。

しっかり噛んで、時にお箸を置きながら、ゆっくりと食べることを心がけてください。

早食いは血糖値を急上昇させるだけでなく、食べすぎにもつながります。

糖質の摂取はエネルギー補給の面では必要ですが、摂りすぎには注意して、吸収の緩やかなもの、いわゆるGI値の低いもの(玄米や全粒粉のパンなど)を意識して摂取るようにするとよいでしょう。

『お腹いっぱい』と脳が感じるまでにはタイムラグがあり、満腹中枢が『これ以上食べる必要なし!』と体に伝えるまでには15~20分かかると言われています。

早食いだと満腹と感じる前に食べすぎてしまう可能性が高いのです。血糖値を乱高下させないためにも、食べすぎ防止のためにも、早食い、ドカ食いは厳禁です。

・一口の量を減らす

・噛む回数を増やす

など、簡単に意識できることから工夫してしましょう。

余裕のない人は食べ方の工夫だけでも

食事の調整が難しい人は食べ方の工夫だけでも

食事のメニューを考えたり、調理方法を工夫したりという努力は、時間も労力もかかるため、なかなかできるものではありませんが、

食べ方を工夫するくらいなら、できそうな気がしませんか?

今日食べたものが明日の自分をつくります。

ぜひ食べ方にも気をつけて。自分にとってやりやすいことから。簡単にできることから。少しずつでも始めてみましょう。

恵比寿、中目黒、中野、二子玉川、横浜の
パーソナルトレーニングジムならAppleGYMへ!

会社名株式会社Apple beauty
住所東京都渋谷区恵比寿南1-11-12
The HONDA ARMS101
電話番号03-6451-2024
HPhttps://applegym.jp